「畑咲くビール」畑とビールの物語。


※大好評につき緊急増産!【10月末より順次発送予定】


< 限定醸造「畑咲くビール」 >

畑咲くビールとは? - 飲んで感じる物語 -
「畑咲くビール」は農産物をビールという新しい形に変え、たくさんの人に生産者の想いやその土地の風土を届けたいと想いから生まれたオリジナルクラフトビールです。
ビールと組み合わせる農産物は月替りで新しいものを使用し、全国の農産物とビールとのマリアージュをお楽しみいただけます。
ご自宅にいながら、全国各地に想いを馳せ、農業や風土を体感できる「新しいビールのカタチ」を目指しています。




episode.1 - キビといつまでも -



episode.1の主役は沖縄県宜野座村(ぎのざそん)の「渡久地(とぐち)さん」と「純黒糖」。 渡久地さんはサトウキビ使い、昔ながらの製法で丁寧に黒糖づくりをしている農家さんです。
地元の宜野座村で収穫してすぐの新鮮な状態で搾り、鍋で煮詰めてミネラル豊富でフレッシュな香りのする純黒糖を作っています。
通常は3回絞るところを贅沢に一番搾りだけで作った純黒糖は雑味がなく濃厚な味わい。ここに渡久地さんの想いが詰まっています。
今回は、そんな渡久地さんの「純黒糖」と「ビール」の物語。



丁寧に作られた渡久地さんの「純黒糖」は沖縄市にあるクリフビールさんに届けられます。
沖縄の気候と会話しながらビールを醸造するクリフさん。
本当に美味しい黒糖の味を知ってもらうため丁寧なシゴトを繰り返す渡久地さんの想いを最大限に活かすためクリフさんの試行錯誤がスタート。
試作を繰り返し、宜野座村の風と純黒糖のまろやかなコクが感じられるよう「黒糖ブラウンエール」が誕生しました。



クリフさんの手によってビール生まれ変わった純黒糖。
その名前は「キビといつまでも」。
生まれ育った宜野座村と代々受け継がれてきた純黒糖を「いつまでも」大切していきたい。このビールにはそんな渡久地さんの想いが詰まっています。

宜野座村の風になびくサトウキビ畑と渡久地さんの想いに心を寄せながら飲むビールは格別です。
これぞ「畑咲くビール」。次回もお楽しみに。.



商品ラインナップ

  1. 黒糖ビール「キビといつまでも」[1本]※10月末お届け

    935円(税込)
  2. 黒糖ビール「キビといつまでも」[6本セット](送料込)※10月末お届け

    6,460円(税込)
※こちらの商品は10月末より順次発送予定となっております。